日本全国対応!! 革製品修理・塗り直し、塗り替え、キズ補修専門店 | レザーテック・ジオ 湘南

TEL/FAX 045-353-3919 営業時間 9:00〜19:00(時間外、日祝も対応)

トップページ > 施工実績

施工実績

ライダージャケット破れ補修

投稿日:2018.10.12 | カテゴリー:レザージャケット

レザージャケットの季節がやって来ましたね。かぎ裂きの様に破れて穴が開いた袖の部分、赤い裏地が見えています。さてどの様に修理しましょうか?本来ならば裏地の縫合部分の糸を解いてから作業をするところですが袖の部分は複雑に裏地が縫い付けられているので、裏地は剥がさず修理します。これだけ大きな穴でも綺麗に修理出来ます、今回は革表面に革のシワ模様も付けました。

Before

DSC_0093   DSC_0095

 

After

DSC_0008    DSC_0007

何処に穴があったか分からないように修理出来ました。

 

自動車シート・レカロの色替え

投稿日:2018.10.06 | カテゴリー:車のシート

自動車のシート(2セット)の色替えを行いました。赤から濃いグレーへの塗替えでが、先ずは汚れと油分の除去を行います。殆んど未使用との事でしたが見た目綺麗に見えますが人の皮脂などは結構付いています。下塗り剤を刷毛塗りした後は上塗り塗料を塗りますが、先ずは塗料の入り難い狭隘部や縫い合わせ部の谷間を刷毛で塗って行きます。仕上げはスプレーガンで塗っては乾かし塗っては乾かし2セット仕上げるのに4日間かかりました。苦労の甲斐あって満足いく仕上がり状態。

Before

DSC_0850       DSC_0813

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA DSC_0863

 

 

After

DSC_0857    DSC_0861

DSC_0859    DSC_0860

縫い合わせ部分の谷間の奥まった所は、両手を使って広げながら塗るのは2本しか手がない以上不可能です。また塗ったら乾くまで両手で広げておくことは不可能です。縫い合わせの奥まった所は外観上は全く元の色は見えませんし施工者としても上等な仕上がりと思っています。奥まった所まで完璧に塗る事を不可能です、完璧を求めるのであればお好みの色の革を張り替えしかありません。

 

 

 

オーストリッチバッグの持ち手交換

投稿日:2018.09.25 | カテゴリー:バッグ

オーストリッチのバッグ、イタリア製で何処か品の有るデザイン。オーストリッチのバッグ本体はしっかりしているのですが持ち手の表皮がボロボロですよく見るとこの持ち手は合皮でした。本革で持ち手を作り交換します。

Before

DSC_0911 DSC_0910 DSC_0909 DSC_0908

 

 

After

DSC_0004 DSC_0007 DSC_0017 DSC_0018

本体にピッタリ合った色の革はありませんので、仕上げは色合わせのために持ち手部分を塗ります。

 

フェラガモ・ショルダーバッグ塗替え

投稿日:2018.09.12 | カテゴリー:バッグ

可愛いデザインのバッグですね。大事にお使いになって来た感じがよく分かります。長く使えば使うほど愛着も強くなりますが、スレやキズも徐々に増えてきます。ダメージがあまり酷くならないうちにメンテナンスする事をおすすめします。

Before

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

After

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新品バッグのように甦りましたよ。これで気分一新ウキウキ気分でお出かけできますね。

 

 

 

ビンテージ・ビジネスバッグの修復

投稿日:2018.09.06 | カテゴリー:バッグ

20年も前のビジネスバッグだそうですが保存状態は割と良かったみたいです。2色のバッグで夫々キズや擦れによる色落ちがありますので、これをスプレー塗装で修復するのはマスキング作業などを考えると無理。という事で刷毛塗りで修復を行いました。刷刷毛塗りの場合色ムラや刷毛足が出ない様にするのが大変なんですが・・・・

Before

IMG_1615 IMG_1618 IMG_1616 IMG_1619

 

After

DSC_0913 DSC_0914 DSC_0917 DSC_0916

綺麗に仕上がりました。ビンテージのイメージを保っての修復です、いかにも塗り直したなと分かる様ではいけません。我ながら満足のいく仕事でした。

page_top